京都府南部の優良注文住宅ガイド 宇治市・木津川市・京田辺市編
こだわり別京都府南部のおすすめ工務店を探せ!
HOME » 家を建てる際に知っておきたい基礎知識 » モデルハウスを見学するときのポイント

モデルハウスを見学するときのポイント

住宅展示場見学に持参したいもの

住宅展示会では、実際の住宅を見ることができます。通常「総合住宅展示場」と「単独住宅展示場」の2つのタイプがあり、前者は複数の住宅メーカーが出展しているため、さまざまなタイプのモデルハウスを見学して比較することが可能です。

一方の「単独住宅展示場」は、1メーカー単独で運営しています。中には分譲住宅として販売するものもありますから、間取りや建材などはかなり参考になるでしょう。

住宅展示会に行くとき、忘れてはならないものがいくつかあります。

これらを持参していけば、自宅に戻ってからじっくり検討することができます。また、展示場見学は会場内や室内をあちこち動き回ることも多いので、動きやすい服装がおすすめです。

モデルハウス見学のコツ

モデルハウスには、広い玄関、大きな吹抜けのリビング、最新のシステムキッチンが設置されているなど、実際に住む住宅の内装とはかけ離れたものが少なくありません。まずはその点を踏まえた上で見学を始めましょう。

目的を決めて見学する

「単独住宅展示場」は別だが、総合展示場は広く、棟数も多いことが少なくありません。効率よく回るためにも、「自分が見たいところ」をあらかじめ決めていくことが必要です。また、第一候補から回るようにしましょう。

家族で見学する

新しい家に住むのは施主だけではないので、見学会には同居する家族全員で行くのがおすすめ。みんなの意見をすり合わせることで、より理想の家を実現することができます。

週末の見学は午前中に

土・日曜日はイベントなども開催されるため、数多くの見学者が訪れます。可能であれば平日に行くのがベストですが、どうしても土・日曜日に行くなら、比較的に空いている午前中が狙い目。見学予約を受け付けているところなら、あらかじめ予約をいれておきましょう。

会場マップで全体を把握

総合展示場は広いので、はじめに全体マップを手に入れ、どこを回るかを決めると無駄なく回れます。

特にチェックしておく場所

実際とほぼ同じ寸法で作られている天井高、キッチンやお風呂などの設備は、禁止されていないのであれば実際に触って使ってみることが大事。パンフレットや写真だけでは分からない内装の質感も確かめておくと良いでしょう。

わからないことはスタッフに質問

モデルハウスには、各メーカーの営業マン、担当スタッフが常駐しているので、聞きたいことがあれば何でも質問するようにしましょう。メモがあれば書き留めておくと後で便利。

帰宅後情報は整理しておく

写真を撮ったり、パンフレットをもらったらそのままにせず、忘れないうちに簡単に整理したりすると次回の見学会に役立ちます。工務店を決める際にも活用可能。

免責事項:このサイトに掲載している情報は個人で収集したものです(2016年3月現在)。くわしい情報につきましては、かならず該当の公式ページをご確認ください。

ページの先頭へ