京都府南部の優良注文住宅ガイド 宇治市・木津川市・京田辺市編
こだわり別京都府南部のおすすめ工務店を探せ!
HOME » 家を建てる際に知っておきたい基礎知識 » 耐震性に優れた家とは

耐震性に優れた家とは

地震国日本の住宅における耐震事情

日本は「地震国」です。どこに住んでいても地震にあう可能性が高いといえます。そのため、高層ビルや大型マンション、一般の住宅に至るまで、地震に対する技術が施されています。その傾向は「阪神淡路大震災」「東日本大震災」を経てさらに多くなっています。

新しくマイホームを建てようと考えている人には、特に気になる重要点だといえるでしょう。

一般的な住宅を建てる場合、大きく分けて「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」があり、施主はいずれかを選択することになります。建築基準法においては、どの構造の建物を建てるにしても、震度6強~震度7程度の地震に耐えられるよう基準が定められています。

ですから、構造が異なっていても耐震性能に大きな差はないといえます。ただし、耐震の仕組みによって、倒壊時の被害状況などは変わる可能性があります。

一般的なイメージとして、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比較すると、木造住宅は地震に弱いと考えられているようです。しかし、木造住宅は決して地震に弱いというわけではありません。

木造・鉄骨造の耐震性

まず近年の技術向上により、木造建築用の有効な耐震構造が開発されているため、地震に十分耐えることができます。 また木造建築は、その軽さから、 鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりもかえって地震の際に生じる「揺れ」の影響を受けにくくなっています。

木造建築の耐震性を阻むのは、不十分なメンテナンスといえます。地震で倒壊した建物の多くは、「 床下の材木が腐っていた」「シロアリの被害があった」ものがかなり多く、構造自体が原因となるケースは意外と少ないのです。

また、鉄製や鋼製の部材を骨組みに用いる鉄骨造の建物は、鉄や鋼の「粘り」によって地震に耐えることができます。粘りで鉄骨がしなり、変形することで地震のエネルギーを吸収。

そのため倒壊しにくく、また倒壊した場合においても倒壊するまでには時間がかかる構造になっています。デメリットとしては、重量があるため、大きな揺れを感じます。また、鉄骨は540℃程度で急激に強度が失われるので、火災にさらされると倒壊する危険性が高くなります。

鉄筋コンクリート造の耐震性

最後に鉄筋コンクリート造ですが、圧縮力に強いコンクリートの中に、 引っ張る力に耐える鉄筋を入れているため、両方の長所を生かして地震に耐える構造になっています。

ただ、重量があるため、地震の際の揺れは大きくなりますが、倒壊しにくいといえるでしょう。気をつけたいのは1階が開口している(駐車場など)物件です。地震の際に、倒壊した鉄筋コンクリート造は、このような建物が多く報告されています。

このように、住宅における耐震性には一長一短があります。近年は木造の梁に鉄骨を組み込んだ「テクノストラクチャー工法」など、さらに耐久力の高い技術も普及しているので、住宅展示場やモデルハウスに足を運び、自分の目で確かめることをおすすめします。

免責事項:このサイトに掲載している情報は個人で収集したものです(2016年3月現在)。くわしい情報につきましては、かならず該当の公式ページをご確認ください。

ページの先頭へ