京都府南部の優良注文住宅ガイド 宇治市・木津川市・京田辺市編
こだわり別京都府南部のおすすめ工務店を探せ!
HOME » 家を建てる際に知っておきたい基礎知識 » かしこい資金計画の立て方

かしこい資金計画の立て方

京都で木造注文住宅を建てる費用

京都で注文住宅(木造)を建てる場合、資金の相場は約2000万円~3000万円(34.6坪)といわれています。これは工事費に「外構工事」や「屋外給排水工事」「電気工事」といった「付帯工事(別途工事ともいう)」を含んだもの、つまり家が建った工事費の総額になります。

通常、ハウスメーカーの広告などで目にする「本体価格」には、このような付帯工事費は含まれていません。ですから、本体価格を提示された際、電気・水道を引く工事、エアコン・居室の照明、外構などの別途工事費(少なくとも2~3割)がかかると考えたほうがよいでしょう。

基本的に注文住宅の価格は、すでに完成した建て売り住宅とは異なり、土地条件や施主の注文内容によって大きく変わります。ですが、購入する側としては、目安になる価格がないとどのくらいのお金が必要なのか見当もつきません。

そのためハウスメーカーなどでは、建物だけの価格を提示しているのです。

頭金はどの程度必要?

注文住宅を建てる際には、自己資金(住宅ローン以外の自分で用意する現金)が必要となります。建て売りやマンションの場合、「自己資金なしでも購入可能」ですが、一般的に注文住宅は自己資金を用意しておく必要があります。

自己資金は、建てる物件の担保価値、金融機関の条件、施主の収入などによって異なります。基本的には、土地・建物の2割程度の「頭金」、数%の「諸費用(消費税は除く。仲介手数料、ローン関係費用・手数料、登記手続き費用、引越し費用など)」が目安のようです。

住宅ローンの組み方の基本

注文住宅を即金で購入するのは、資産家なら別ですが、高額宝くじでも当たらない限り不可能といえます。ですから、ほとんどの人は「住宅ローン」を組むことになるでしょう。大きな金額を長い年月をかけて払うのですから、できる限り負担は軽くしたいものです。

最初に長年お付き合いのある(給料の振り込みに使用している、公共料金の引き落とし口座があるなど)金融機関に相談するのがおすすめ。

また勤務先の提携金融機関があれば、金利の優遇や保証料の免除が受けられる不動産仲介会社や住宅メーカーにも、金利の優遇を受けられる金融機関があるので確認しておくといでしょう。

金利について調べておく

最初から金融機関を絞らず、可能な限り、各機関の金利を調べるようにしてください。通常、融資基準が厳しい=金利が低い、借りやすい=金利は高いといえます。なお複数の住宅ローンを利用するのであれば、金利の有利なところから優先しましょう。

「変動金利」「完全固定金利」どっちがいい?

完全固定金利より、変動金利や固定期間選択金利の方が安くなっています。ただし、長期間返済する住宅ローンの場合、固定金利は返済額が確定するので、計画的な支払いが可能となります。

なお、各金融機関によって、融資手数料、ローン保証料、団体生命保険料、火災保険料の費用といった「融資諸費用」も異なります(ローン保証料は、融資基準が厳しい金融機関ほど低額、借りやすいところほど高い傾向あり)。

融資のタイミングとは?

気を付けたいのが、支払いと融資のタイミングがずれてしまうケースです。土地購入、注文住宅購入の場合、土地の引渡時、建物の完成時に融資を行う金融機関がほとんどになります。

なお、中には融資の回数を増やせるところもありますから、融資のタイミングや金額の割合を調整できるかどうかの確認も忘れないようにしましょう。

免責事項:このサイトに掲載している情報は個人で収集したものです(2016年3月現在)。くわしい情報につきましては、かならず該当の公式ページをご確認ください。

ページの先頭へ