京都府南部の優良注文住宅ガイド 宇治市・木津川市・京田辺市編
管理人の男性

マイホームを建てることは、「一生に一度の大きな買い物」をすること。それだけに、失敗はぜったいに避けたいところです。家というものは「衣食住」のひとつで人にとって欠かせないものですが、衣食に比べると専門用語が多いなど、知らないことも少なくありません。
満足できる家を建てるには、工務店選びがもっとも重要といえるかもしれません。しかし、どう選べばよいかお悩みの方も多いはずです。このサイトでは、そんな工務店選びにお悩みの方に向けて優良注文住宅情報を紹介していきます。今回は、京都府南部にスポットを当てて調べてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

優良工務店の選び方

建物の画像

最もこだわりたいことは?

注文住宅を建てるとき、最初にチェックしておきたいポイントがあります。それは「性能」「価格」「会社の規模」「地域密着型か否か」の4点。いちばんの理想は「性能がよく、ネームバリューがあり、価格の安い地域密着型」なのでしょうが、ぴったり合う建築会社には、なかなかお目にかかれません。そこで各タイプのメリット、デメリットを比較しながら、最適な組み合わせを考えていきましょう。

性能
こだわりたい

メリット
  • 耐震性に優れているので安心・安全で家が長持ちする
  • 劣化しにくいので長く住むことができる
  • 保温性や保湿性がアップするので省エネになる
  • 結露などの心配がなくなる
デメリット
  • 最新技術を取り入れるため、どうしてもコストがかかる
  • 導入する技術によって、間取りが制約されるケースがある

安さ
こだわりたい

メリット
  • 頭金、予算がなくても家作りが可能
  • 出来上がっている家であれば、相場より安く購入でき、すぐに入居も可能
デメリット
  • 耐震や耐久などの機能がオプションになり、最終的にコストがかかることがある
  • 後からリフォームしなくてはならない場合がある
  • 機能性が低いと、冷暖房費などがかさむことがある

地域密着型
こだわりたい

メリット
  • 家を建てるエリアの土地・風土などにくわしく、環境に合った家作りができる
  • 担当者が最初から最後まで責任を持ち、家作りにかかわってくれる
  • 急な修理・修繕にも迅速に対応が可能
デメリット
  • 建築・施工会社によっては、対応していない機能や施工できない工法がある
  • 少人数の会社だと、工期がかかることがある

大手
こだわりたい

メリット
  • ネームバリューがあるので安心
  • メーカーが自信を持った技術・工法で施工してくれる
  • ホームページやカタログなどの情報が豊富
デメリット
  • 基本的に坪当たりの建築コストが高い
  • 分業制を採っているため、下請けの建築会社・施工会社に当たり外れが生じることがある
  • 急な修理や修繕などの対応が遅れるケースがある

注文住宅会社選びのおすすめは「性能にこだわる×地域密着型」の会社!

このサイトでは、「性能×地域密着」という選び方。安心して暮らせる「性能に優れた家を建ててくれ、住む町の環境を知り尽くした担当者が一貫してかかわってくれる「地域密着型」の建築会社から選んでいくことをおすすめします。そんな条件にぴったり合う京都府南部の注文住宅会社を3社紹介します。

KOSEI_キャプチャ

KOSEI

大手並みの高品質の家が、大手よりも安く!
ヒミツは「テクノストラクチャー工法」
特徴

この工務店の最大の魅力は、京都南部ではここでしか取り扱いがないパナソニックオリジナルの耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用している点。これまでの木造軸組工法において、弱点とされていた接合部や梁(柱を支える材)を、鉄と木で組み合わせた梁である「テクノビーム」で強化。地震や台風、積雪などに強い住宅を実現しています。大手並みの高品質の家が、大手よりも安く建てられる数少ない工務店です。

石井工務店_キャプチャ

石井工務店

長年の大工経験を生かして行う
丁寧な家作り
特徴

「やさしい住まいを創造する」をコンセプトに、エコ住宅・健康住宅・純和風住宅・ローコスト住宅・狭小住宅など、新築工事やリフォームを丁寧に行っています。社長はキャリアの長い大工経験者。伝統的な技や技術で施工にあたっています。棟梁に相談できるような工務店や建設会社が見つからない昨今、ベテラン大工の腕を生かして地域の家作りに貢献しています。

平和住宅建設_キャプチャ

平和住宅建設

厳しい社長検査を通過して
完成する「安心できる家」
特徴

施工は腕が良く信頼のおける職人に依頼するか、同社社員が現場監督を務め、現場の隅々にまで目を光らせています。引渡しの前には、住まい造りに関わった施工業者がチェック。その後に、現場監督を含めた当社工務部のチェック。さらに社長によるチェックと、目に見える部分はもちろん、建具の開閉から屋根裏、床下まで細部に渡り、何度も厳しく検査をしています。

エリア別AREA

宇治市

- 地域情報 -

京都府の南端に近いところに位置し、京都市や大津市などに隣接している宇治市。宇治茶の産地としてはもちろん、世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」の舞台になった地としても有名です。昭和26年に市制を施行して以来、宇治市は順調な発展を続けています。また、昭和30年代後半からは、京阪神の住宅都市として注目され、分譲地や住宅展示場などが点在。市内には老舗や大手のハウスメーカーなど、さまざまな建築会社があります。

城陽市

- 地域情報 -

城陽市は、京都市と奈良市のほぼ中間地点である山城盆地の中央部にあります。地形はほぼ平坦で、東部丘陵地から西部地域にかけてなだらかに広がっています。年間平均気温は16℃と、比較的温暖なエリアです。また、主要交通機関としては、近鉄京都線とJR奈良線が通っており、両者とも京都駅から30分ほど。交通アクセスがよく公立の学校も充実していますが、それにもかかわらず土地の値段は比較的安めです。

京田辺市

- 地域情報 -

市内に木津川が流れ、西には生駒山系に連なる甘南備山が控える自然豊かな街・京田辺市。明治時代の市制町村制で発足した歴史あるエリアです。交通の重要な地点として栄えた背景から、南山城地方の経済・行政・文化の中心地として発展しました。近年では、宅地開発や交通網の整備、学研都市の建設により、市の人口が急増。市内には分譲地をはじめ、住宅展示場やモデルハウスなどが多数点在。さまざまな建築会社の物件を見ることができます。

木津川市

- 地域情報 -

木津川市は、平成19年3月12日に歴史と文化を積み重ねてきた旧木津町・山城町・加茂町が合併して誕生しました。市制が引かれてからはまだ日が浅いですが、大阪や京都といった中心部の都市から30 km圏内にあるため、近年はベッドタウンとして注目されています。また、関西文化学術研究都市のニュータウン開発などにより、全国でも有数の人口増加率が高い市になっています。市内にはモデルハウスや分譲地が数多く点在。

免責事項:このサイトに掲載している情報は個人で収集したものです(2016年3月現在)。くわしい情報につきましては、かならず該当の公式ページをご確認ください。

ページの先頭へ